【修理】PS3コントローラーを修理する!【誤動作】

2016.11.7|改造| から tokusun

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

最近暇な時間にずっとPS3でバイオハザード5をやっていたんですが、なんだか勝手にボタンやカーソルが動き始める現象が起き始めたんですよ。。。

 

日を増すごとに誤動作の頻度が増えてきたので、ただ事じゃないなぁと調べてみることにしました。

 

 

 

まず、どんな現象よ?てのはこちら↓

 

 

 

 

コントローラーのボタンには一切触れていないのに

『メニューボタンが入力され、カーソルが勝手に動き回り、メニューが閉じられる』

という怪奇現象です^^;

 

ひどいときはこの状態が長く続き、アイテムを選択してイランもんを装備しだしたり、

アイテムを捨てようとし始めます…(‘Д’)

 

とまぁゲームがまともにできないレベルの現象が起きているので、

まずは原因を…ということで調べてみたのです。

実は結構メジャーな故障だったらしく、GTAユーザーとか派手に動くアクションゲームをやってるとよく起きるみたいです。

そして修理(対策)方法も確立されていたりします↓

 

 

 

 

ティッシュ…(笑)

まぁ応急処置ですからいいんでしょうけどね。。。

 

この動画では触れていない部分なんですが、

この現象の原因が、メイン基板とボタンを接続しているフレキケーブルの接触不良の問題だとか。

アクションゲームみたいな激しいゲームではどうしてもコントローラーは荒く扱ってしまうものなので、デリケートすぎるコントローラーなのも考えもんですよね。。。

 

 

では何となく原因もわかったので修理してみましょう。

用意するのは↓

 

①エアダスター(ホコリ飛ばし用)

②ドライバー(1番のサイズ)

③歯ブラシ(隙間の汚れ落とし用)

④カッター(部材加工用)

⑤エタノールとかアルコール系のなんでも+コットンのような綿類

⑥ウレタン材+両面テープ

 

今回は、応急処置ではなく、修理を目標としているので、ティッシュのような可燃物をバッテリー周りに置きたくはないので、まともな部材を用意しました↓

 

 

20161102_143644830_ios

 

 

とはいえこれも余りものなんですがね^^;

ウレタン材は梱包材とかにも使われているんで、手に入れるのは難しくないでしょう。

何でもいいんで、適当なサイズを用意します。

 

厚みはそんなにいらないので、2mmくらいの厚さにカットします。

 

 

20161102_144329502_ios

 

 

では、本体を分解していきましょう。

 

 

20161102_141050446_ios

 

 

ネジはわかりやすいところにしかありません。

赤丸のネジをすべて外したら、爪を外しつつ上下をセパレートします。

 

 

20161102_141636389_ios

 

 

で、写真撮るの忘れたんですが…(‘Д’)

バッテリーのコネクタを外してバッテリーを外し、

その下に1本黒いネジが留まっているので外します。

これで基板が取り外せます↓

 

 

20161102_142331217_ios

 

 

問題の接触不良が起きているとされる部分なんですが…

あぁ、見たら何となくわかりますね…w

 

内部にはそこそこホコリが入っている様子で、

ちょっと筐体が歪んだりするだけで隙間が開いてホコリが端子の間に侵入します。

 

赤丸が基板側の接続端子で、黄丸がボタンのユニットの接続フレキケーブルです。

接続方法は、はんだ付けでもコネクタ式でもなく、

基板を押し付けて端子を接触させているだけです。。。

 

20161102_143401975_ios

 

 

バックカバーを見てみるとわかりますが、

ペラッペラのウレタン材が貼り付けてあります。

 

元々の構造上『基板押し付ける』ことで成立する造りなので、

ちょっとの隙間ができるとすぐに動作不良を招きます。^^;

 

結局のところ、原因としては筐体や基板がちょっとずつ歪んで接触不良が起きるか、

ホコリが入って接触不良を起こすようなショボい構造をしているということですw

先駆者の皆さんが実践したティッシュペーパーの応急処置は、

歪みで隙間を作らないようにミチミチに隙間埋めするという方法だったわけですね~。

 

わかってしまえばあとは対策だけです。

 

まず、全体のホコリをエアダスターで吹き飛ばします。

ついでに外装の汚れを歯ブラシで落とします。

次に端子の部分を(一応)エタノール(等)をコットン(のようなもの)にしみこませて拭きとりクリーニングします。

 

 

20161102_142656468_ios

 

 

フレキ側も忘れずにやりましょう^^

あと、ついでに外装も拭き掃除するのもいいでしょう。

 

基板を戻して忘れずにネジ止めします。

 

そして今回の対策としてバックカバー側に加工します。

 

 

20161102_145201068_ios

 

 

フレキの端子はコントローラーの上部(?)側にあるので、

もとからついてたウレタン材を剥がし、

両面テープでこんな感じに用意したウレタン材を貼り付けます。

これで元のものより厚みが上がるので、押し付けは強くなります。

 

あとは、元の手順でカバーをはめ、ネジ止めして完成です。

 

 

20161102_151821204_ios

 

20161102_151848251_ios

 

20161102_151858455_ios

 

 

ティッシュを挟む方法の場合、厚みがかかりすぎてカバーを無理やり閉めるため、

カバーに隙間が開くみたいなんですが、ウレタン材はある程度縮むので

きれいに収まり隙間は開きません(`・ω・´)

 

もちろんのことですが、修理後は誤動作発生はなく、キッチリ直ってくれました!

今更PS3の周辺機器を買い足すのもアレなんで、直して使いたいですよね。

 

ましてや、今回は構造的に設計不良なのでは?と思うレベルでしたので、

この不具合がなかったとしても対策として取っておいてもいい方法なのかもしれませんね~。

 

 

ホーザン 緩衝ウレタン B-88 ホーザン 緩衝ウレタン B-88

ホーザン

Amazonで詳しく見る

 

ニチバン 両面テープ ナイスタック 一般タイプ 15mm NW-15 大巻 ニチバン 両面テープ ナイスタック 一般タイプ 15mm NW-15 大巻

ニチバン
売り上げランキング : 1180

Amazonで詳しく見る