ペアレンタルコントロール機能搭載11acルーター バッファロー 「WZR-1750DHP2」シリーズ

2013.12.10|LAN・無線LAN PC周辺機器| から Ryo

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

インターネットの使い過ぎや有害サイトへのアクセスを遮断する、「ペアレンタルコントロール」機能を搭載させたIEEE 802.11ac(ドラフト)対応無線LANルーター「WZR-1750DHP2」シリーズがバッファローより発売された。
 
5GHz帯(最大1,300Mbps/規格値)+2.4GHz帯(最大450Mbps/規格値)に対応し、実測値約915Mbpsの高速アクセスを実現。
また、障害物の多い環境でも子機側の位置や距離を判別して、電波をピンポイントで届ける「ビームフォーミング」技術に対応し、安定したデータ転送を可能となっている。
 
設定を変更すればIEEE 802.11ac対応の子機や中継器としても利用可能。
子機・中継器設定された「WZR-1750DHP2」が同梱される2台セットモデル「WZR-1750DHP2/E」ラインナップする。
 
対応無線LAN:IEEE802.11ac(Draft) / IEEE802.11n / IEEE802.11a / IEEE802.11g / IEEE802.11b
アンテナ:5G 3本(3本送信、3本受信)、2.4G 3本(3本送信、3本受信)
インターフェイス:インターネット向けギガビットLAN×1、HUB向けギガビットLAN×4、USB3.0×2
外形寸法:W34×D183×H212mm(スタンド含まず)
重量:約580g(同)



 
5GHz帯(最大866Mbps/規格値)+2.4GHz帯(最大4300Mbps/規格値)に対応した下位モデル「WZR-1166DHP2」シリーズも販売されている。

 
http://buffalo.jp/product/wireless-lan/ap/wzr-1750dhp2/