東芝製 人気SSD「HG5d」シリーズにmSATA版が登場

2013.8.26|PCパーツ SSD| から Ryo

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

東芝製で高い人気のSSD「HG5d」シリーズにmSATA版のバルク品が発売された。
 
発売されたのは容量60GB(THNSNH60GMCT)、128GB(THNSNH128GMCT)、256GB(THNSNH256GMCT)の3モデル。
 
仕様は2.5インチ版とほぼ同じで、TOSHIBA製19nmプロセス製造のMLC NANDフラッシュMarvell製の高性能コントローラを採用したmSATA SSDとなる。
対応インターフェイスは6Gbps SATA。
 
動作電圧と消費電力が減少しており、動作電圧は3.3V、消費電力は読み込み時2.6W、書き込み時2.2W、アイドル時60mW、スタンバイ/スリープ時55mW、Devsleep時5mW)。
保証は5年間、MTTFは1,500,000時間。NCQ、TRIMコマンドに対応。
転送速度がリード最大534MB/s、ライト最大471MB/s(60GBモデルは450MB/s)。
 

 

http://www.semicon.toshiba.co.jp/product/storage/built-in/client_ssd/index.html