USBストレージWi-Fi変換アダプター センチュリー 「 USB HDD活してWi-Fi 」

2013.7.30|LAN・無線LAN PC周辺機器| から Ryo

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

外付けUSB HDDやUSBメモリをワイヤレス化して、タブレット端末やPC、スマートフォンからアクセスできるようにする変換アダプタ「USB HDD活してWi-Fi(型番:CWFN-U2)」がセンチュリーより発売された。
 
DLNA配信に対応したタブレットやスマートフォン向け専用アプリ「Ikasu File Manager」を使ってUSBストレージマルチメディアサーバー化することができる。
 
APクライアントモード機能に対応し、Wi-Fiアクセスポイントを切り替えることなくインターネットへの接続が可能。
対応無線LANはIEEE 802.11b/g/n、転送速度は理論値150Mbps、同時アクセス台数は最大5台まで。セキュリティはWEP/WPA/WPA2に対応している。
 
設定時のフォーマットは不要で、対応ファイルシステムはNTFS、FAT32、NFS+。
最大6台のHDDを個別に認識可能で、最大容量は3TB。
 
インターフェイス:USB2.0
USBコネクタ形状:レセクタプルAタイプ
転送速度(理論値・USB:480Mbps ※実際の転送速度は3~4MB/秒程度。
規格:IEEE802.11b/g/n 2.4Ghz
転送速度(理論値・無線LAN):150Mbps
セキュリティ:WEP/WPA/WPA2
接続方式:APモード/APクライアントモード
同時アクセス可能数:最大5台(アクセス状況により変動)
外形寸法:W42×D88×H13mm
重量:約45g
対応OS:Windows 8/7/Vista/XP(32bit)、Mac OS 10.5以降を搭載したIntel Mac。
対応モバイル端末:iOS 4.2.1以上搭載のiPhone/iPad/iPod/iPod touch、Android OS 2.1以上のスマートフォン・タブレット



http://www.century.co.jp/products/pc/adapter/cwfn-u2.html