USBをワイヤレス共有する無線LANアダプタ アイ・オー・データ WN-DS/US-HS

2013.7.20|LAN・無線LAN PC周辺機器| から Ryo

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

プリンタや複合機、外付けHDDなどのUSB機器を無線化し、ネットワーク経由で利用できる無線LAN対応USBデバイスサーバー「WN-DS/US-HS」がアイ・オー・データより発売された。
 
最大300Mbpsの高速転送をサポートするIEEE802.11n/a/g/bの無線LANに対応。
「簡易NAS機能」を備えているので、外付けHDDやUSBメモリを接続して、複数台のPCから共有することができる。
 
さらに、ギガビット対応の有線LANポートを搭載しているので、無線LANが使用できない環境でも利用可能。
USBポート2基を搭載し、USBハブとの併用で最大15台のUSBデバイスを接続することができる。
 
無線規格:IEEE802.11n、IEEE802.11a、IEEE802.11g、IEEE802.11b
無線LANセキュリティ:WPA2-PSK(TKIP/AES)、WPA-PSK(TKIP/AES)、WEP(128/64bit)
無線LAN機能:WPS
LANポート:RJ-45×1ポート
USBポート:USB 2.0×2ポート(※バスパワーでの電源供給は1ポート500mAまで。2ポート合計で600mAまで。)
外形寸法:W72×D126×H24mm
重量:約105g
対応機種:Windows PC、Mac


 

 
http://www.iodata.jp/product/lan/option/wn-dsus-hs/