Raspberry Piに「Raspbian」をインストールしてみた!

2013.7.19|Tips| から admin

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

実際のところ、Raspberry Piで何かするというのは今回はないです。

 

1:こちらからSDカードに書き込むOSイメージをダウンロード。

Raspbian “wheezy”   013-05-25-wheezy-raspbian.zip
http://www.raspberrypi.org/downloads

2:DDforWindows
http://www.si-linux.co.jp/techinfo/index.php?DDforWindows#wcba113d

ダウンロードして、OSイメージを書き込みます。
書き込み先のドライブが表示されなかった場合「管理者として実行」を行なってください。

3:Raspberry Piに刺して、microUSBを差し込んでください。

つなぎ方とかはこちらを参照。日本語のPDFなどあります。

画面に文字が出てきたら、書き込みは成功しています。

とりあえず、設定は後回しというなら、メニュー画面からFinishを選択して再起動してください。

再起動後はSSHでログインがきでる状態となりますので、慣れているひとはTeratermでどうぞ。

ログイン後、コンソールでとまった場合、startxを立ち上げればひとまず見慣れている画面が見れます。

さて、各種設定はそのまま英語を読んでいただければ、問題はありません。
表示を日本語にする場合は先程のリンクにある、補足情報が非常に効果的です。

Raspberry Piクイックスタートアップガイド (日本語)の補足