定格4GHz超えのAMD最新APU「Richland」登場

2013.6.18|CPU PCパーツ| から Ryo

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

開発コード名「Richland」と呼ばれていたAMDの最新APU「Aシリーズ」が登場した。
クアッドコアのA10/A8シリーズと、デュアルコアのA6シリーズ、計5モデルのラインナップ。
 
クロック倍率が固定されていないBlack EditionのA10-6800Kが、AMD製APUの中で初めて定格クロックが4GHzを超えた製品となる。
Socket FM2タイプのソケットと互換性を持ち、内蔵GPUがRadeon HD 7000シリーズから「Radeon HD 8000」シリーズへとパワーアップ
 
従来通り、Dual Graphicsにも対応。
A10/A8シリーズの場合はHD 6670/6570が、A6シリーズではHD 6570/6450が、それぞれ組み合わせ可能となっている。
 
Black Edition
A10-6800K:4コア,4.1GHz/TC4.4GHz、4MBキャッシュ,HD8670D,TDP 100W
A8-6600K:4コア,3.9GHz/TC4.2GHz,4MBキャッシュ,HD8570D,TDP 100W
A6-6400K:2コア,3.9GHz/TC4.1GHz,1MBキャッシュ,HD8470D,TDP 65W
 
通常モデル
A10-6700:4コア,3.7GHz/TC4.3GHz,4MBキャッシュ,HD8670D,TDP 65W
A8-6500:4コア,3.5GHz/TC4.1GHz,4MBキャッシュ,HD8570D,TDP 65W