TDP17WのCeleron 1007U搭載Mini-ITXマザー GIGABYTE GA-C1007UN-D

2013.4.18|PCパーツ マザーボード| から Ryo

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

22nmプロセスのIvy Bridgeベースモバイル向けデュアルコアCPU「Celeron 1007U(2コア/1.50GHz/L3キャッシュ2MB/TDP17W)」を搭載したMini-ITXマザー「GA-C1007UN-D」がGIGABYTEより発売された。
 
Sandy Bridge版のCeleron 847(クロック1.1GHz、TDP 17W)の上位モデルに位置づけする。
Celeron 847との違いは、DDR3 1600/最大32GBと強化省電力メモリのDDR3L/DDR3 RSへの対応
内蔵GPUが、ベースクロックは350MHzのまま変わらず、最大クロックが800MHzから1GHzとアップしたIntel HD Graphicsになっている。
 
同社Celeron 847搭載モデル「GA-C847N」とレイアウトはほぼ同様だが、IDEポートがGA-C1007UN-Dではなくなっている。
 
GIGABYTE独自機能として、防湿効果や静電防止効果などがある「Ultra Durable 4 Classic」、コンデンサには、50,000時間の寿命を持つ固体タイプを採用している。

CPU:Celeron 1007U(2コア/1.50GHz/L3キャッシュ2MB/TDP17W)
チップセット:Intel NM70 Express
メモリ:DDR3 1333 ×2(最大16GB)
ストレージ:6Gbps SATA ×1、3Gbps SATA ×2
拡張スロット:PCI ×1
画像出力:HDMI ×1、D-sub ×1
IOポート:Gigabit Ethernet ×2(Realtek)、3Gbps eSATA ×1、USB 2.0×8(バックパネル:4 内部コネクタ:4) シリアルポート×1、PS/2×1、7.1チャンネルサウンド(Realtek ALC887)



 
http://www.cfd.co.jp/gigabyte/motherboard/ga-c1007un-d.html