iPhone5のカメラにゴミ。

2012.12.15|iOS ガジェット スマートフォン| から tokusun

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

ある日突然、写真に変な赤い点が写るようになりました。

なんだね、コレは。。。

比較としてスクリーンショットを撮ってみると

どうやら液晶の異常ではなく、カメラレンズ内にゴミが入った模様…

 

そんなわけで、さっそく銀座のApple Storeにあるジーニアスバーへ。

軽くチャラそうな感じのオニーサンに対応してもらったんですが

 

「あー、これゴミっすねー。掃除してもまた入っちゃうんで交換しましょう。無償でできますんでー。」

 

と、ものすごい軽い対応で本体交換に。

特に経緯を聞くわけでもなく、即交換を奨めてきた感じからして既知の不具合だったんでしょうか。

 

それはいいとして、私のiPhone5には衝撃吸収シートがベッタリ貼ってあるわけで…

コレ、一度剥がすともうダメになる気がする…

嫌な予感がしつつも交換時に店内で剥がして見ると…

 

 

やっぱりダメですねw

粘着が思いの外強く、サイドのシールはニューっと伸びてしまって使い物にならない状態に(´・ω・`)

フロントだけでもなんとか!!とか思ったんですが、ホコリが一度付いてしまうともう取れませんw

諦めて捨てることに。

さらば2980円。。。

 

まぁ、元々透明度に若干不満があったんでもういいでしょう。

…もう少し使いたかったですがね!

 

そして、裸ん坊になったiPhone5。

次はやはりアルミ材に傷がつかないようにするべきかということで

コレを選択。

ラバー加工を選んだのはクリアー系は素材が安っぽくてダサかったからw

ラバー加工の方が高級感があって、グリップもいいんで気に入ってるんですが、どうにも汚れやすいのが玉に瑕。

そして、本体がブラックなのに何故かって?

デザフェスでゲットしたProject.C.K.さんの”ハンバーガー・ガール”のステッカーを貼りたかったからw

このステッカー、マット・デコボコな感じの印刷になっててラバー加工のケースと馴染んで良い感じです。

 

続く